売れるホームページ作成の極意/SEO対策ホームページテンプレート

超絶 SEO対策済みホームページテンプレート
SEOコンサルティング SEOとWebマーケティングのプロフェッショナル

売れるホームページ作成の極意

あなたが売りたい商品やマーケットなどを分析し、戦略を練ったら、いよいよホームページ作成です。
ここでは、売れるホームページ作成のための考え方を解説します。

ホームページを「お店」だと考えよう

ホームページを何かに例えるとしたら、何が一番ふさわしいでしょうか。
商品カタログ、会社案内、チラシ等の広告物・・・
いずれの要素も含まれると思いますが、ホームページはお店、「店舗そのものだ」と例えて考えてみるのが一番おすすめです。そうすることで、売れるホームページのための着眼点が見えてくることでしょう。

繁盛しているお店って、どんな店?

繁盛しているお店、あるいはどんなお店なら繁盛するでしょう?
ざっと挙げてみますと・・・

  • お店の立地条件がいい
  • お客様を差別せず、フレンドリー(お客様第一主義)
  • 店内や売り場が見やすくて買い物がしやすい
  • 店員の接客が良い(マナーや商品知識やセールストーク)
  • 店員さんがステキ!(笑)
  • 24時間、年中無休で営業している
  • お店の立地条件がいい
  • 顧客サービスがいい

他にも色々な要素もあるかと思いますが、主要なものはこんなところではないでしょうか。逆に、こういう要素がダメなお店には行きたくありませんし、そんなお店が繁盛することもないわけです。

実はこれは、あなたのホームページにもそっくりそのまま当てはまることなのです。
それでは、次にこれをホームページにどう応用していくかお話していきましょう。

これで売れるホームページになる

さきほど列挙した繁盛店の要素をホームページ(Web)に応用していきましょう。

(お店)お店の立地条件がいい

(Web)SEOで上位表示させる!

SEO(検索エンジン最適化)により、あなたのホームページが検索結果の上位に表示されることは、例えて言うならば、人通りの多いターミナル駅前の超一等地に店舗を構えるのと同じくらいの意味を持ちます。SEOにより、検索エンジンの検索結果画面の上位にあなたのホームページを表示させ、ターゲットを絞った優良な見込み客を安定的に集客できます。
また、検索結果での上位表示は超一等地にお店を構えているのと同じですから、貴社のブランドイメージを向上させ、絶対的競争優位の確立につながります。

(お店)お客様を差別しないフレンドリーな対応

(Web)アクセシビリティーを向上させる!

もしも、お客様を人種や性別、年齢や障害の有無によって差別するお店があったとしたら、これは良くありません。あるいはお店の床が段差だらけで歩きにくいのも困ります。要するに「お客様第一主義」じゃないと繁盛しないわけで、ホームページもまったく同じことが言えます。
Webにおけるアクセシビリティーとは、インターネットの習熟度や閲覧環境(ブラウザ等)の違い、障害の有無、性別や年齢の違いなど、さまざまな特性を持ったユーザー誰もが問題なくアクセスでき、利用できるホームページのことです。
Web標準を意識したり、クロスブラウザ仕様にしたりするなどアクセシビリティーを考慮したホームページ作成で、機会損失を低減し、営業機会が向上します。

(お店)店内や売り場が見やすくて買い物がしやすい

(Web)ユーザビリティーを向上させる!

どこに何が売っているか分かりづらい、商品は雑然として整理されていない、レジがどこだか分からない、トイレに行きたくてもあるのかないのかも分からない・・・こんなお店ではお客様はすんなり目的を達成できず、困りものです。
Webにおけるユーザビリティーとは、ホームページの使いやすさを指し、商品購入や情報取得などユーザーが目的達成をする上での障害が少ないことをいいます。
ユーザーの視点で見やすくて使いやすく設計し、ホームページ内で迷わずに行動を起こせるようにする。それはつまり、インターネット上の顧客対応そのものなのです。

(お店)店員の接客が良い(マナーや商品知識やセールストーク)

(Web)ウェブライティングを重視する!

店員さんのマナーが良くて、商品知識も豊富。そのうえセールストークが上手だったら、もちろん売上げが上がることでしょう。ホームページの場合もまったく同じことで、正しい言葉で商品その他の情報がわかりやすくて充実していることは大切です。また、商品に興味を持ってもらい、実際に買ってもらうためには文章自体が「優秀な営業マン」である必要があります。そのために、消費者心理や販売心理を踏まえたWebライティングを心がけましょう。

(お店)店員さんが個人的にステキ!(笑)

(Web)運営者の個性や「顔」を見せる!

お店に看板娘や美人店員さんがいたり、イケメン店長がいたり・・・
これ、冗談ではなくて、そういうカリスマの存在も結構大事なことだったりするもの。
ホームページも似たところがあって、運営者の「顔」が見えるってことは信頼性にもつながる大切な要素になるのです。顔と言ってもこれが写真じゃなければいけないというわけではなく、要するに運営者の人となりや個性といった人間的な部分が表現されていることが重要になってきます。
インターネットという世界だからこそ、人間的な部分を忘れずに伝えていくことがポイントです。

(お店)独自の商品を扱っている

(Web)独自性や他との差別化をする!

これは、お店だろうとホームページだろうと同じことですが、他にはない独自性のある商品を扱っていることや、他とは違ったサービスや特典で差別化していくことが大切なことは言うまでもありません。
競合他社やマーケットを分析して、あなたのオリジナリティーをどこかに発揮していくことが売れる大きな要因になることでしょう。

(お店)24時間、年中無休で営業している

(Web)インターネットの世界なら簡単に実現可能!

いつでも営業しているお店はお客さんからすると便利なもので、他より競争力もついてきます。
もっともホームページというインターネット世界はそもそもいつでも営業しているお店のようなものです。ところが誰にとってもこの条件は同じですが、そのメリットを充分に活かしきったホームページになっているかといえば、意外とそうなっていないところが多いものです。
インターネットの世界は、時間的な壁だけでなく、国境の壁すらありません。
インターネットのメリットを活用したホームページ作成を工夫してみましょう。

(お店)顧客サービスがいい

(Web)ユーザーに利便性やメリットを最大限あたえよう!

サービスの良いお店は、何かを買いたくなるし、何度も通ってリピートもします。
ホームページだって同じこと。つまり、ユーザーにとって役にたつ情報やサービスが充実していること、フォローがしっかりしていることなど。商売の基本はどの世界でも顧客満足度を高めることが最も大切なことで、物を売ることばかり考えていると逆にお客様は離れてしまいます。
自分がお客さんの立場だったら、どうだろうか?
常にユーザー目線からモノを見る習慣を心がけることが成功の秘訣なのです。

ページトップへ
超絶SEOテンプレート紹介
お申し込み
お問い合わせ
販売代理店募集
SEOとはSEOの必要性とメリット売れるホームページの極意プロフィールSEOコンサルティング
SEO対策リンク集販売代理店募集利用規約個人情報保護方針特定商取引法サイトマップ
Copyright © 2004-2008 SEO Consulting. All rights reserved.
SEO対策 ホームページ作成